KOHICHI KAMIMURA  official

[es]×[jill]代表 : 上村コウイチ 公式サイト

カットのこだわり方もいろいろ

calendar

 

「今年中にデビュー!」と言うLEONAさんのレッスンウィッグを見ながら、

あらためて「カットのこだわり方って面白いな」と、

 

そんなことを考えていました。

 

 

「カットがうまいってなんだろう?」

 

 

「まっすぐに切れる」

「正確に切れる」

「仕事が丁寧で細かい」

 

 

(うん、それはそうなんだけど、、、、)

 自問自答してみる。

 

 

自分自身もたくさんのウィッグを切ってきて、やっと合格して、

教える立場になって、人が切った仕上がりを見て。

 

 

「見てください」って、同じように切ったはずのウィッグを見た瞬間に

 なんかこう、「いいね!」というときと、「う〜ん」というときがあり、

 

一見同じなんだけど、「なんか違う」と感じる時もあるし、

「細かいとこは置いといても、いい感じじゃん!」と言うときもあり、

 

 

そうすると「うまい」ということはどういうことなんだ?となったり、

でもそれが「うまい」と言うことなんじゃないかな? とかってなったり、

そう感じる方がスッと入ってくると言うか、

結局いろいろなのなんでしょうね

 

髪は日常と絡み合い、風に吹かれて動いて、

時に湿度を吸い込み、吐き出し、艶があったりなかったり。

だから面白いし、それを「切る」ことでその人をデザインできるなんて

素晴らしすぎると思います。

 

 

そしてその人を更に素敵に見せる、重要な役割を持つ

それは間違いは無いと思うので、今も切るときは緊張するし

喋ってる余裕なんてないことの方が多いですし、

 

 

「カットには間違いなくその美容師のセンスが出る」

 これも間違い無いと思うので、

余計に楽しくもあり、表現したいし、こだわりたいし

それでいて真っすぐ切れるなんてことは当たり前として、

その人が日常でより素敵に見えるように、

切ることで心が高揚感で満ちるように、

 

 

だからなのか、

「カットがうまい」という表現はあまりサロンでは使わず

「いい感じ」という表現を使うようになっている自分がいます

 

 

さらに個人的に感じることとして

仕事遅くても「うまい人」はいると思うのだけれど、

「いい感じ」の仕事する人は、だいたい早い

 

 

「うまくて」「早くて」「いい感じ」

そうか、求めているのはそういうことか。と、

 

 

なんとなく答えにたどり着きました。

 

 

うちのアシスタントが1〜2年でデビューしたりとかできないのは

たぶんそこかな。

真っすぐに切れるようにするだけならそんなに難しいことではないんだけど、

「いい感じに切れる」ことにはこだわりたい部分でもあるし。

いろいろでいいんだと思うようにしてきたし。

 

 

しかしその流れを、LEONAがぶち破ろうとしているのです。

誤解のないように言えば、LEONAの切ったウィッグには

だいたいその「いい感じ」を感じることが多い

 

 

「もって生まれたもの」というと悔しい気もしますが

そういうのもあるのかなと。彼女を見てると思います。

 

 

今までもそういう子は何人か育てたことがありますが、

なぜかメンタルが弱いことが多かった気がします。

辞めちゃうんですよね。なぜか

 

 

LEONAさんはというと、、

時折遅刻はしてくるけれども、

だいたいその前の日は飲みに行ってるらしいのだけれども、

だからと言って飲みにいくのを控えることもなく、

メンタルはかなり強いかと。

 

 

なんの話をしているのかわからなくなりそうですが、

要するにうちはそうありたいということかと。

 

 

時代は変われど、変わってはいけないこともある。

変わるべきところもある。

 

 

労働への感覚は変わるべきところだと感じるし、

ヘアに関しては、変わってはいけない部分があるかなと感じるし。

 

 

「いい感じ」にカットできるようになるのはいつの日か?

僕は毎日そこを目指して切ってます。

 

 

[es]が1つ約束できるのは、

「昨日の僕より今日の僕の方が絶対いい感じです!」ということです。

なぜならそういう意識を持ったスタッフの集まりが[es]なので。

日々精進とはこれいかに

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




KOHICHI KAMIMURA

上村コウイチ [es]×[jill] BOSS

上村コウイチ [es]×[jill] BOSS

2009年、沖縄那覇新都心[es]×[jill]立ち上げ、トップスタイリストとして現役活躍中。

<2009年4月>
沖縄県那覇新都心エリアに「[es]」を設立。

<2013.7月>
同エリアに2店舗目となる新ブランド[jill]をOPEN。

<2105年1月>「ハサミのちからOKINAWA」立ち上げ、代表

<2019年1月>[es-clothing]OPEN、代表

<2019~展開予定>

「web制作管理事業[es,Pro]展開」
「名刺〜フライヤー、ロゴデザイン展開」
「メンズアパレルes-clothingを展開」
「オリジナルシャンプー制作販売開始」
「es,groupとしてドミナント構想展開」

「素晴らしい素材を持つ沖縄女性の魅力に惹かれ移住後、ここ沖縄からヘアデザインを発信していけるような素敵な未来を創り上げたいと願い様々な分野で活動中。そして生涯一美容師。」

cut : ¥7,700
cut&color : ¥16,500~
cut&Perm : ¥18,370~
(TAX in)

「似合うカットデザイン」を得意とし“1歩だと行きすぎるデザイン”を“半歩先のデザイン”として提案します。スピーディーな仕事と無駄な会話のないスタイルです。
おまかせいただければ必ず素敵にします。

[詳細]

folder イベント/セミナー/ヘアショー関連

美容組合のお仕事
見に行けなかったステージ
宮古島にてカラー勉強会に参加
ADMIOセミナー終了
学びの日
more...