ここ1ヶ月でのアクセス数で

一番多かったのがこちらの記事でした。

「ブリーチレシピの記事」



ありがとうございます。

「なるほど」ということで、

違うバージョンを記事ってみます



「ワインレッドにしたい」


カラーは生まれて初めて、

スパイラルパーマ→ストレートパーマという黒髪。



オケです。


「今回はブリーチなしを提案」

ますは仕上がりを先に。


最初にインスタで見せていただいたイメージのものにするには

確実にブリーチが必要でしたが、

今回はカラー自体が初めてと言うこともあり、

ワンクッション挟むことを提案。


「もっと!が欲しくなったらブリーチしましょう」

ということで。


「今回のレシピ」


1st.ベースカラー

ホーユー アプリエ BP11とBP15 / 6%×2 / PCパウダー10%


アプリエ単品でも綺麗なピンク系にはできるのですが、

Hair Color BOSS / by Applie ベビーピンク


「ハイ透明感」が売りのブランドのため、「深み」が少し弱いので、

ベースカラーとして使います。


PCパウダーは通常のカラーよりもベースを明るくできる補助剤ですが、

ブリーチとは違い、

「メラニンは壊せる」けど、

「染料は壊さない」という

特徴があります。

他ブランドとの組み合わせでいろいろなことができる「白い粉」です。



もちろんオラプレックスはマスト

お客様からも「オラプレックス希望」ということでしたが、

もちろん使わせていただきます^^

県内では取扱が少ないため、

見つけてくれてよかったです。


2nd.カラー

アリミノ アジアンカラーのPINK8 / ウェラ イルミナOX6% / ソラノイロ RED


カラートリートメントの赤をベースに

バイオレット寄りのピンクをミックス

これで発色を鮮やかにします


仕上げにピンク系シャンプーを使用

ホーユー ソマルカ ピンクシャンプー / アリミノ バッファーソーダ


オラプレックス2ももちろん使用します。

もう一度、

仕上がりはこちら


細かい調合調整はもちろん必要ですが、

同じ赤系でもブランドによって特徴が変わるので、

複数ブランドを用意しているサロンがお勧めです。

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。