僕が借りている「秘密の部屋」

・Dropbox(ドロップボックス)2TB

・Google drive(グーグルドライブ)2TB

・iCloud(アイクラウド)2TB

・sakura server(さくらサーバー)1TB


1TB(テラバイト)は1000GB(ギガバイト)ですので、十分な広さのお部屋達です。



今使っているdocomoのスマホが1ヶ月60GBから通信制御される感じですが、

wi-fi環境で使うことが多いのもありますが、あまり制御された記憶はないので、

そういう意味でも1TB以上というのは十分な広さです。


そう、「秘密の部屋」とは「各種データを格納しておく部屋」のことです


Dropboxに関しては、ほぼほぼ仕事用のお部屋で、

es,Groupが誕生した2009年からの歴史データが全て詰まったお部屋です。

  • 皆で撮った写真から、
  • ヘアショーや撮影のデータ
  • 作成したポップやDM、名刺データ
  • 動画やセミナー資料から掲載雑誌の原稿まで

フォルダ分けしてどの部屋に何が入っているのか?

整理してあります。

dropboxは使われている方も多いともいます。

google driveとiCloudはほぼプラーベートの写真や動画データです。

ほぼほぼプライベートですが、仕事用も念の為格納しています。


この2つはスマホやPCと自動同期になっているので、特に整理する必要はありません。

スマホがAndroidならGoogle drive

iPhoneならiCloud

この2つははほぼ自動的に誰もが無料枠で利用しているかと思います。


そして今日ご紹介したいのは「さくらのお部屋」


sakura server(さくらサーバー)です↓


僕は仕事として

複数の100GBくらいの小さな部屋を

10部屋ほど借りています。

9割は仕事用です。


一部屋あたり100GBと言っても、

その1部屋に

・ホームページデータ5つ

・10年以上更新し続けているwordpressでのブログ4つ

これだけのデータを格納しても20GB以下しか埋まっていません。

意外と入ります。

そしてそのお部屋のお家賃は、

月額¥525。お手頃です。



「何をしまっておくのか?」

主に

「オリジナルホームページ」や

「オリジナルブログ」のデータを格納しておく部屋

というイメージです。



「今更ブログ?」

自分の想いや考えを他人に伝えるとき、

人は言葉を使います。

日常会話なら「起承転結」

「お腹が空いたので

冷倉庫を見たら何もなく、

仕方ないので買い物に行ったら

タイムセールをしていて得をした」

と言った感じでしょうか。

ビジネスの場なら「結論→理由→まとめ」

「僕のカットには再現性があり時間を節約できます。

骨格や髪質を見ながらカットの切り方を変えて、その人の日常のお手入れ具合も想定しているので、

朝のお手入れなどに時間がかからず、いつも素敵に過ごせます」

と言った感じでしょうか。

こういった起こったことや自分の考えを伝えるときに、

スラスラと言葉が出てくる場合と、そうでない場合がありませんか?

「言葉」を話したり、文章にして書いたりすることを「思考の言語化」というそうです。

美容師さんはもちろん、

営業さんとかにも必須のスキルですよね。

ブログといえばamebaさんやTI-DAさんで問題ないと思うのですが、

今後様々な可能性のあるオリジナルコンテンツと考えると

やはり自分名義のお部屋がいいかなと思ったので

僕はそうしています。


ブログのプラットフォームは

wordpress(ワードプレス)一択かなと思います。

これはまた別記事で書いてみようと思います。

おすすめ:

1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。