ブリーチカラーは市民権を得た

は、言い過ぎでしょうか?

先日も「職場で注意を受けない程度で楽しみたい」という相談のもと完成した色味を見て、

「これなら全然問題ないです!」と喜んでいただけました。

確実に「髪の明るさ」だけでその人を決めつけない感じは広がっているように思います。



僕がブリーチをする際の基本レシピ

「ブリーチカラーはベース次第」といわれるほど、

ベースブリーチがとても大切なのは周知の事実です。

今回は僕のベースレシピを公開。

1st.ベース

・wella クリームブリーチ / イルミナOX6%×2

状況判断でホイルに包んだりします。


もちろん、

・OLAPLEX1.使用

1剤30gに対して2g混ぜていきます。


クリームブリーチの特徴としては、

・乾かないので持続性が均一で長くじっくりコトコトいける

・ゆっくり進むのでダメージが少なくムラになりにくい

・最大16.5Lv前後で止まるのでディバイディングにも使いやすい


という風に考えています。

2nd.ベース

・ARIMINO 120パウダーブリーチ / イルミナOX6%×1

あがりの追いついてない箇所に使います


もちろん

・OLAPLEX1.使用

1剤30gに対して2g混ぜていきます。


アリミノ120は「ブルーパウダー」になっているので、

ホワイトパウダーと比べると、

・初速が早く追い込みに向いている

・OX等倍にすることでphを高めにキープできるので更に追い込み向きの剤になってくれる

という風に考えています。

パウダー等倍だと乾燥が心配になるところですが、

1st.でクリームタイプを使用しているので問題なく馴染んでくれます。

その後は放置はぜずに、カンを働かせて流すタイミングを見計います。


1st.シャンプー

・しっかり湯洗のちにOLAPLEX2.揉み込み(2~5分)ここかなり重要

・Schwarzkopf グッバイイエロー(ムラシャンならなんでもOK)

・ARIMINO バッファーソーダ


ここでのOLAPLEX2.で毛髪強化を行い、

グッバイイエローでイエローにGoodbye!

更にバッファーソーダでphを下げます。


次の2nd.カラーが暖色の場合は、

・HOYU ソマルカ / ピンクシャンプー


を使います。

ソマルカは他にも色々カラーがあり、色持ちさせたい方には本当におすすめです。

更に更に、

状況に応じてシャンプー台でプレカラーを行う場合もあります。

その場合のレシピは、

・アジアンカラーFES N12 : CL-PINK : CL-Ash = 2:1:1 / イルミナAC / OX1.5%×2

OLAPLEX1.ももちろん混入します。



これを行うと、

・毛先の吸い込み具合の予測が立つ

・ベースがベージュ系となり整うので2nd.カラーが考えやすい


という感じが多い具合でございます。

サロンでは「学びの部屋」というスタッフ共有のグループで、

こういったレシピは全て公開しています。

また、(株)ブライネスとしてこういったサロンスキルアッププログラムも行っております。

現在数社様と契約中で、内容によりけりですが

6ヶ月〜12ヶ月くらいのコースでお手伝いさせていただいております。

https://braines.jp

プライベートな記事が続いたので、

なんとか美容師ネタを絞り出してみました。


おすすめ:

1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。