「染まりにくい」というのはもしかしたら、

「明るくなりにくいということなのかもしれない」というお話です。

そうであるならば、「アプリエカラー」がそれを解決できます。

ヘアカラーというのは「2つの作用」が同時に起こっています。

1つ目は、「脱色」により髪を明るくしています。

2つ目は、「染色」により髪を染めて(暗くして)います。

例えば「3段階」明るくして、「3段階」暗く染めれば、色は変わりますが明るさは変わらないということになりますね。


そして色にもよりますが、暗いほど違いが分かりにくいという面もあります。

なので「染まらない」というのは、「明るくならない」ということを伝えている場合が多いような気がします。


そこでおすすめなのが県内では取扱の少ないホーユーさんの

「アプリエカラー」です。


写真のようなヘアカラーの仕上がりいかがでしょうか?全て当サロンで行ったカラーです。


そしてブリーチはしておりませんし、

元々ブリーチだったということもありません。


夏は非常にご希望の多いカラーブランドになります。


通常のカラーよりも透明感のある明るさにできる秘密はこちらの「粉」です。


PCパウダーといいます。

通常のカラーでは髪の内側からの脱色がメインとなり、

キューティクルに近い外側のメラニンがまばらに残ることが多いのですが、

「明るさを求める場合」はこのまばら感が邪魔になることが多いのです。

PCパウダーは毛髪の内側と外側にあるメラニンを均等に脱色できる唯一無二の粉です。

是非お問い合わせくださいませ。

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。