「何がいい」とか、「何がよくない」とか
 
よくわからないから
 
今この瞬間「いいな」という気分を
 
大事にしています

KOHICHI KAMIMURA