美容師にできること、美容師にしかできないこと

スクリーンショット 2014-07-18 11.06.28

 

上村です

 

東京時代からお世話になっている

日本一元気をくれる美容ライターの友美さん

 

その友美さんが再び沖縄でセミナーを行うという事で

スタッフ総出で行ってきました

 

セミナー内容はもちろん

元気をもらえる

これからの指針となる最高の内容でございました

 

IMG_7391

 

そして前日には

[jill]へネイルで立ち寄ってくれて

(私おりませんでしたが)

気さくなお姉さんキャラで

YOSHIさんの緊張もほぐしていただき(笑

 

_DSC9111

 

ネイルもすこぶる

褒めていただきました

 

_DSC9110

 

そんな友美さんのセミナーの中で

とても共感し

即座に参加させていただく事を決断させていただいた

プロジェクトのお話がありました

 

IMG_7389

 

 

〜〜〜〜〜以下友美さんFacebookより抜粋〜〜〜〜〜〜

【美容師さんの力で、抗がん剤治療中の女性のサポートを!】
 今日はちょっと長くなります。読んでいただけると嬉しいです。

 皆さんは、今まで、抗がん剤治療で髪が抜けてしまったお客様をご担当されたことはありますか? 

 現在、医療用のウィッグは、ほとんどかつらメーカーの独占市場状態にあり、その値段は20万円から60万円と、大変高価です。
素材も化繊で、長さのカットはしてもらえるものの、かつらをカットするには美容師免許はいりませんので、美容師の皆さんが提供しているような繊細なカットは施されず、「見るからに、かつら」という自分の見た目に、治療以前にショックを受けてしまう患者さんも多いそうです。

そこで今、抗がん剤治療をする女性たちに対して、美容院で人毛100%のウィッグを販売し(値段も6万円です)、そのウィッグにカットやカラーやパーマを施し(施術料金はお客様からもらいます)というメニューを持つサロンが少しずつ増えてきています。

見た目にも、今までどおりのヘアスタイルにカットやカラーしてあげることで、闘病を前向きにすることができる、闘病中も自分らしくいられると、とても喜ばれているそうです。

最近では、がんであることを会社や家族(お子さん)などにも隠して闘病されている女性も多いため、そのたちには「周囲にバレないウィッグを作ってもらったことで、会社に通い続けることができる」と、たいへん感謝されているそうです。

しかし、まだまだ、一般にこの「美容院でカットもカラーもパーマもできる人毛ウィッグ」が浸透していないため、多くの患者さんは、かつらメーカーさんで高価な化繊ウィッグを購入している現状です。

そこで、今回、NPO法人のふくりびさんとともに、美容師さんが作る「医療用ウィッグのヘアカタログ(写真集)」を企画しました。このヘアカタログは、病院に寄贈し、まさに病気の宣告を受けた方々の手に届くようにしたいと思っています。
そのために、この医療用ウィッグヘアカタログを作る資金を、クラウドファンディング(ネット上で集める募金)をすることにしました。

こちらになります。
https://readyfor.jp/projects/fukuribiiryoyowig-photo

目標金額を達成した暁には、今回の企画の主旨にご賛同くださった、MINXの岡村さんとVeLOの赤松さんが、中心的に関わってくださることになっていて、さらに多くの美容師さんのご協力もいただきたいと思っています。
デザインは、数々のヒット書籍の装丁を担当されているTYPEFACEの渡邊 民人さんが担当してくださることになっています。
(ちなみに、岡村さんとは先日打ち合わせをしたのですが、今回、実際にウィッグを見られて「こんなに密度が高くて、いい髪のウィッグは見たことない」と絶賛されていました)

ヘアカタログのディレクションは、私が担当させていただきます。皆さんのお力を借りて、さすが、美容師さんが作るウィッグのヘアカタログは、こんなにオシャレで素敵なんだというものにしたいと思っています。

皆さん、是非、この試みを拡散、応援していただけないでしょうか。例えば、以下の方法で、この試みを応援していただくことができます。

1)
Ready for? でスタートした募金の取り組みを、FacebookやTwitter、ブログで拡散してくださる
https://readyfor.jp/projects/fukuribiiryoyowig-photo

2)
Ready for? の画面で募金をしてくださる(目標金額達成したときのみ、クレジットカードから引き落としになります)。
https://readyfor.jp/projects/fukuribiiryoyowig-photo

3)
皆さんのサロンが、美容師さんがカットする医療用ウィッグの取り扱い店になってくださる。(2サイズあるウィッグを2体導入して試着が可能な状態にしていただければいいそうです。詳しくはご連絡ください)。

私の義母は、元美容師さんでした。やはり抗がん剤治療をして、かつらをかぶっていました。そのとき「本当に、世の中にいいかつらって無いのよ」と言っていました。美容業界に関わっている身として、何もアドバイスしてあげられなかったことを、今、とても後悔しています。そのことも、この活動に関わるきっかけになりました。

悩んでいるお客様たちは、現在はかつらメーカーでかつらを購入するという選択肢しかないような状況です。美容師さんの力で、闘病中の女性たちを、サポートしてもらえないでしょうか。

長い文章を読んでくださり、ありがとうございます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

直接お話しいただきました内容を

上手にブログで書く自信がないため

コピペさせていただきました

 

詳細はこちらからもご覧頂けます

 

[es]×[jill]としても

微力ながら応援させていただいております

是非たくさんのご支援が集まる事を祈って

 

 

 

そしてここで今回の小話。。。

 

そんな友美さんの数ある著書の一つ

勉強したがる子が育つ「安藤学級」の教え方

 

とても売れているようで

小さなサロンとはいえ私のような経営に携わる者にも

かなり参考になる内容となっております

 

IMG_7358

 

実はネイルでいらした友美さんが

わざわざ「これ上村さんに読ませて!」と

持ってきていただいたようなのですが。。

 

私発売してすぐに購入しておりました物で

「上村、それ持ってましたよ」とNEMA-Dが伝えたところ

「あ、、、そう、、、」と

若干へんな感じになってしまい

申し訳ありませんでした^^;

 

この場を借りて

友美さんお気遣いありがとうございました(笑

 

昼と夜の境目が美しい

心のふるさと沖縄より

 

IMG_7432

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です