KOHICHI KAMIMURA  official

[es]×[jill] 上村コウイチ 公式サイト

EGUCHIの撮影と、スタイリングについての考察

calendar

スタイリストも撮影、頑張ってます

 

EGUCHI × NATSUKI (Cut/Color/Photo)モデル

 

僕は30歳になる頃、東京で雑誌に載るような仕事に憧れすぎてサロンを移りました

そこで撮影を行うことでそれまで気にしていなかったスタイリング(見せ方、見え方)を学ぶことができ

スキルも上がったと感じています

 

サロンでは昔も今もこれは変わらないと思うのですが

スタイリストデビュー前だとしてもチェックに受かって、

その技術に対する知識、経験とスキルさえあれば担当させてもらえるメニューもたくさんあります

 

カラーのみとか、ヘッドスパとか、セットアレンジとかですかね

(シャンプーブローってもうあまりお願いされなくなりました)

 

そういったメニューを担当させていただくのに絶対必要なものが

 

「スタイリング」スキル

 

それは通常日常のアシスタント業務の中で磨かれていきますし

その上達状況はお客様とスタイリストに常に見られています

もちろん「モデル」というレッスンでも磨かれます

 

サロンワーク中、スタイリングまでさせてもらって「お願いします!」と担当スタイリストに声をかけた時

「おぅ、このまま帰ってもらえるくらい素敵にできてるじゃない」と思われることが9割を超えれば

「任せてもらえるお客様が増えていく」と意識してやっていたのを覚えています

 

なので手直しが入った時は次のうち2つのどちらか

・直す必要がないくらい上手くできた時

・直せる余裕が時間的にも状態的にもない時

 

今は昔のようにお客様が溢れていて、オープン前に行列ができることなんてないる時代なので

「・直せる余裕が時間的にも状態的にもない時」なんてこと(チャンス)はあまりなくなってしまい、

その可能性のあることはそもそも「させられない」という判断になるので

「チャンス」の機会は限られているのがそういった意図のあるサロンの状況だと思います

「お客様が育ててくれる時代」はもう終わり、チャンスは待っていては「こない」時代

 

今もし任せてもらえるはずのお客様を担当させてもらえないということがあった場合、

もしかしたらそういったことが理由かもしれません

 

「撮影」は一気にスタイリングスキルを上げるよい手段

 

なにも「表現」のためだけではないのでは?と思ったりもしたりしなかったり

もっともっとうまくなりたい、僕もまだまだ精進します

 

 

 

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




KOHICHI KAMIMURA

上村コウイチ [es]×[jill] BOSS

上村コウイチ [es]×[jill] BOSS

【沖縄那覇新都心】でトップスタイリストとして現役活躍中。

2009年4月
沖縄県那覇新都心エリアに「[es]」を設立。
2013.7月
同エリアに2店舗目となる新ブランド[jill]をOPEN。

「素晴らしい素材を持つ沖縄女性の魅力に惹かれ移住後、ここ沖縄からヘアデザインを発信していけるような素敵な未来を創り上げたいと願い様々な分野で活動中。そして生涯一美容師。」

「小さなサロン専門のHP制作」なども承りますのでお気軽にSNS等でDMください

cut : ¥7,560
color : ¥15,660~
Perm : ¥16,956~

「似合うカットデザイン」を得意とし“1歩だと行きすぎるデザイン”を“半歩先のデザイン”として提案します。スピーディーな仕事と無駄な会話のないスタイルです。
おまかせいただければ必ず素敵にします。

[詳細]